CORPORATE PHILOSOPHY

日本語 / English

企業理念

想像力を越える創造力で、

世界中の人とつながります。

ビジョン

ポニーキャニオンは、一人ひとりの持つ創造性を大切にし、

ダイバーシティを推進することで新たな価値を生み出し続ける

オンリーワンカンパニーになる。

社長挨拶

 1966年の創業以来、当社は50年以上にわたり、アナログレコード、ミュージックテープ、CD、ビデオカセット、DVD、ブルーレイディスクと姿形を変えながらも、音楽・映像のパッケージメディアを世に送り出して参りました。

昨今、世界的な感染症の拡大に伴い、新しい生活様式が叫ばれ、我々エンタテイメント業界を取り巻く環境も大きく変化しております。ユーザーに直接コンテンツを届ける仕組みが主流となる中、当社はデジタルマーケティング部門を特に強化し、ユーザーに直接働きかけるデジタル戦略を推し進め、市場の変化に順応してまいります。

又、ライブ・イベントの運営が難しくなってはおりますが、昨年、池袋再開発の中心地にオープンしましたライブ劇場「harevutai」は、配信に特化した造りになっており、人が集まることへの逆風の中でも、広く活用されています。

そして、音楽・映像に限らず、当社の強みを生かした地域協業ビジネスは、市・県の単位から、現在は国の案件も手掛け、順調に事業規模の拡大を続けています。

当然、主力事業においても力を緩めることなく、ヒットコンテンツの創出に全力を傾けておりますが、コンテンツを作り出すのは人の力です。その中で人材を人財ととらえ、社員一人ひとりの持つ創造性を大切にし、その育成に力を入れております。

数年前より、社内インフラのDX化に取り組んできましたが、社会全体がDX化するに従い、尚一層のインフラ投資を進め、時代に沿い最適な事業環境を整えています。

今後とも、これまで培った強みに時代性を加味し、常に感動と興奮を提供できる会社として邁進してゆく所存です。

代表取締役社長吉村 隆

当社の活動と特色

 ポニーキャニオンは1966年10月、ニッポン放送のグループ会社としてカーステレオ用のミュージックテープの製造・販売のパイオニアとして誕生。レコード店に加え、ガソリンスタンドで音楽を販売するという革命的な流通システムを築きました。

1970年には、㈱キャニオンレコードを設立、電機メーカ―系のレコード会社が多かった時代にフジサンケイグループというマスコミを背景に設立されたユニークなレコード会社でした。同時期に情報時代の新製品・ビデオソフトに着目、他社に先駆けて発売を開始します。80年代には音楽パッケージがレコードからCDへと変化、音楽・映像共にパッケージ売上が急激に伸長しました。

1994年、直系の㈱ポニーキャニオン販売を吸収合併。制作、宣伝、販売を系列化することで、販売力が広く認められ自社商品だけでなく多くのコンテンツ制作会社の商品を取り扱います。映像作品のデジタル化が始まった90年代後半には、世界初となるDVDソフトを、2006年には日本初のBlu-ray作品を発売します。

一方で2000年代初頭には映像・音楽の配信ビジネスをスタート。そして現在、音楽・映像という枠組みにとらわれないコンテンツの充実と事業を推進し、総合エンタテインメント企業として様々な分野にチャレンジしています。

TOP